売却に困難な土地の事例1

お問い合わせはこちら

売却に困難な土地の事例1

売却に困難な土地の事例1

2021/04/04

旗竿地

間口が狭い土地

一般的に、土地の場合は、間口(道路と接道している所)が2m以上ないと、建物等が建てられません。それ以下の場合の土地は、隣近所の方に購入して頂くように働きかけます。車社会の現代では、土地の面積が小さくても間口が広ければ、相場相当で売却できます。間口が狭くても、土地が50坪以上あり駅が近いと、アパート・マンション業者が買取しますので、需要があります。このように土地の面積の大小だけでなく、接道している道路の幅や間口、周辺環境等で相場はかなり変わります。ネット等で、今は色々と分かりますが、大事な財産なので情報に惑わされず、しっかりとした話が出来る、弊社へご相談して頂ければ幸いです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。