相続おいて・・名古屋市瑞穂区編

お問い合わせはこちら

相続おいて・・名古屋市瑞穂区編

相続おいて・・名古屋市瑞穂区編

2021/07/06

宅地ではない場合

地目 畑

相続不動産といっても全てが宅地とは限りません。この瑞穂区の場合、地目は畑で実際、田畑をしていた土地を相続し、売却を依頼されました。この場合の売却において、準備をしなければなりません。農地転用といって地目を畑から宅地へ変更しなければなりません。また、田畑の場合、宅地用に地面を造成したり、盛土をしなければなりません。その費用も考えなければなりません。土地の評価が高くても、いろいろな経費が掛かる事があります。マンションの売却においても、個人の残置物は撤去して頂かなければなりません(衣類、家電製品等の処分)。しかし、業者買取ならば残置物込みで買取したり、建物有の解体引渡しの売却でも、清算は決済後でも出来ますので、持ち出しが無いという業者買取のメリットもかなりあります。名古屋市瑞穂区で不動産の売却や買取は、相続案件にも強い、弊社へお任せください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。