相続登記の難しさ

お問い合わせはこちら

相続登記の難しさ

相続登記の難しさ

2021/07/15

まずは相続人は誰か。

誰かに任せられるか。

不動産を相続したら、まずは相続人が誰かを知らないといけません。その相続人達の意見はどうなのか?不動産を売却するのか、買取してもらうのか?それの話し合いはいつするのか?皆が集まるのはいつなのか?結局お金の話は切り出しにくいので価値が無さそうな物件ならば、ほったらかしになりがちです。意見が纏まりにくい状況ならば、専門の司法書士や弁護士に相談する事になるでしょう。相続の場合、やはり事前にご相談ください。弊社なら相談でお金を頂く事がないし、物件の相場もお伝え出来るのでいろんな事が分かってもらえると思います。相続登記にしても一人ならばご自身でやられるのも良いでしょう。それでも1、2ヶ月は掛かるでしょう。何回も登記所に行かなければならないので、根気が要りますけどね。名古屋で相続の相談、不動産の売却、買取は弊社へ、お任せください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。