不動産売却においての準備

お問い合わせはこちら

不動産売却においての準備

不動産売却においての準備

2021/08/28

必要な事

確認事項

不動産を売却する場合、登記上の名義人の確認をして下さい。権利書または、登記識別情報がお手元にあると思いますので、そこに名義人が書いてあります。名義人が被相続人であったりすると、名義変更手続きをしなければなりませんし、住所も違う場合も現住所に変更しなければなりません。誰かと共有名義の場合は、その方の売却の意志の確認をします。誰が持ち主なのか、その人が売却の意志があるのかを確かめます。良くあるのが娘さんや息子さんが売却したいと思ってても、当の本人が売却の意志がなかったり、そもそも意思確認が出来ない状態(認知症)なのに、売却したいとご相談してくるケースが多々あります。相続不動産の場合は、早め早めにしてご相談して頂いて損はありません。ちなみに古い不動産ですと登記識別情報(権利書)が無い場合もありますが、いろんな方法がありますのでご相談ください。名古屋で相続で、不動産を売却、買取のお手伝いをさせて頂きます。弊社へご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。