不動産の売却や購入時での解体工事について

お問い合わせはこちら

不動産の売却や購入時での解体工事について

不動産の売却や購入時での解体工事について

2021/09/19

古屋、空き家、雑木林、駐車場

解体工事においての注意点

不動産の売却時や買取の場合、古屋、空き家、駐車場がある場合や不動産の購入時にもそのような物件の場合、解体をして引渡し、売る側がする事が多いのですが、現況の引渡しもあります。依頼する場合、金額の良し悪しも大事なのですが、近隣住人とのコミュニケーションがなければ、音も出ますし、ホコリも出ます、ましてや物件が繋がっていたり、越境していたり、何かとトラブルの元になり兼ねません。昨今は人手不足や格安でやる為に、外国人の作業員が大半です。買う側の意図を組んだ解体工事が出来なければ、余分なお金や時間が掛かり、契約も無くなることもしばしばありますので、価格の安さばかりを求めるのではなく、しっかりと責任が取れる、管理・監視できる弊社の解体工事にお任せください。名古屋で相続で、不動産の売却や買取、購入などを含めて、不動産に纏わる、測量や解体工事等を弊社へお任せください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。